駅紹介

家地川 いえぢがわ

タッチ&ゴーに便利!?

 険しい山々に囲まれ、家を建てられる地であることが由来する地名で、付近に四万十川の支流である家地川が流れることから、1974(昭和49)年3月の開業時に採用された駅名である。この駅の窪川寄りには川奥信号所が控えており、そこで上下の列車が交換することもあることから、宇和島からこの駅でUターン乗車する「タッチ&ゴー」をする人も多い。

家地川

駅の基本情報

所在地 高知県高岡郡四万十町家地川
開業日 1974(昭和49)年3月1日
旅客ホーム数 1面1線
接続線路 なし

設備

  • トイレ
  • ベンチ
  • 公衆電話
各アイコンの説明

予土線各駅情報