駅紹介

西ケ方 にしがほう

四国鉄道最多の鹿出没注意?!

 高知県側最西端になる1面1線の無人駅。次駅の間で愛媛県境を迎える。由来となる四万十川に流れる支流の広見川沿いにあり、単に川の西方にある地域なので、この名がついたと伝わる。
 開駅は、1953(昭和28)年3月二つ先の吉野生からの宇和島線延伸時からの設置で、ゆうに4両分の有効長をもつホームは、国鉄黄金時代の名残を残している。なお、隣の真土駅までの間は、四国鉄道路線で最も鹿の出没が多いとか。

西ケ方

駅の基本情報

所在地 高知県四万十市西土佐西ケ方馬引田
開業日 1953(昭和28)年3月26日
旅客ホーム数 1面1線
接続線路 なし

設備

  • 駐車場
  • トイレ
  • ベンチ
  • 公衆電話
各アイコンの説明

予土線各駅情報