駅紹介

真土 まつち

四国一がある小さな無人駅

 愛媛最南端となる駅で、1面1線の無人駅である。真土とは、この辺りを覆う「粘土質の土」という意味。
 1960(昭和35)年10月の開駅で、当時走っていた全長10mほどのキハ01形やキハ02形といったいわゆるレールバスが主流だった時代。二両分を想定したホーム長となった約25メートルは、現在JR四国管内では最短となっている。

真土

駅の基本情報

所在地 愛媛県北宇和郡松野町蕨生
開業日 1960(昭和35)年10月1日
旅客ホーム数 1面1線
接続線路 なし

設備

  • 駐車場
  • ベンチ
  • 公衆電話
各アイコンの説明

予土線各駅情報