駅紹介

宇和島 うわじま

予土線の車両基地もあるターミナル駅

 四国五大駅に数えられ、297.6kmにも及ぶ予讃線の終着駅である。頭端式2面3線をもち予土線の車両も乗り入れている。南国らしい椰子が並ぶ駅前には、この駅の発祥となった宇和島鉄道で活躍したドイツ・コッペル社の1号機関車のレプリカが置かれ、「鉄道唱歌」を作詞した大和田建樹の歌碑が設けられている。なお、1998年に開業した新駅舎内にあるホテルクレメントには一室限定の、鉄道部屋が存在する。

宇和島

駅の基本情報

所在地 愛媛県宇和島市錦町
TEL 0895-22-0175
開業日 1914(大正3)年10月18日
旅客ホーム数 2面3線
接続線路 予讃線

設備

  • 緑の窓口
  • トイレ
  • 売店
  • ベンチ
  • コインロッカー
  • 公衆電話
  • 自動販売機
各アイコンの説明

予土線各駅情報